美しい肌の為にはシミやそばかすの原因となるメラニンを抑えることが大切です。紫外線対策はもちろん、保湿も美白の為には欠かせません。自分に合った正しい保湿、皆さんはできていますか?

美白をキープしようと頑張る女性

美白の為に欠かせない毎日の保湿

美白ケアといえば美白化粧水や美容液で、ケアするものというイメージがあります。
確かに、これらのケアも大切ですが美白に欠かせないのは、毎日の保湿ケアなのです。
美白と保湿、あまり関係性が無いように思ってしまいますが、実は切っても切れない関係です。

肌の表面には薄さ0・02mmという薄さの角質層が、ラップのように皮膚を覆っています。
この角質層が、いわゆる肌のバリア機能です。
バリア機能が十分に働いている肌は、紫外線のダメージを受け難くなっています。
紫外線を浴びると、そのダメージからメラニン色素が作られてしまいますが、バリア機能が高ければ肌のダメージを防ぎ、メラニン色素の量を減らす効果が期待できます。
しかし、バリア機能が低下してしまうと、紫外線が肌の内部にまで入り込みやすくなり、メラニン色素が作られやすくなるのです。
ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしてしまう為、炎症から色素沈着になってしまうケースも少なくありません。
バリア機能をキープするには、十分な保湿ケアをする必要があります。
肌が乾燥していると角質のキメが乱れてしまい、結果バリア機能も低下してしまう恐れがあるのです。
また、乾燥肌だと肌のターンオーバーも低下しやすく、メラニン色素の排出がスムーズに行えません。
ターンオーバーの機能が衰えると、肌に古い角質が溜まるようになります。
メラニン色素が沈着した肌細胞も残ってしまうので、シミになりやすいと言われています。
ターンオーバーを高める為にも、保湿は必須のケアです。
ヒアルロン酸やセラミドといった、保湿効果の高い美容成分を含んだ化粧水で、しっかり保湿を行いましょう。
保湿を行った後はクリームなどで、水分が蒸発しないよう蓋をする事も欠かせないケアです。